遺伝子検査ジェノマーカーで生活習慣病を予防
 
遺伝子検査ジェノマーカー
G&Gサイエンス株式会社
生活習慣病予防医学の最先端 ジェノマーカーとは? ジェノマーカー 4つの「?」 遺伝子検査 の方法 ジェノマーカー 検査項目 ジェノマーカー 取扱医療機関一覧 個人情報の取扱い 検査項目
母から子に受け継がれる、 遺伝子からの、やさしいメッセージ。 それが家族の笑顔を創る。 「生活習慣病」を未然に防ぐ。 自分の体質を知ることが一番の近道です。
メタボリック が気になる方へ 美しさを 保ちたい方へ 働き盛りの あなたへ
肥満
メタボリックシンドローム
糖尿病
高血圧
慢性腎臓病
心筋梗塞
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
ミトコンドリアハプログループ
その他の検査

年代別遺伝子検査のすすめ【美しさを 保ちたい方へ】

基礎代謝の変化と肥満

快適な環境下で、空腹で安静にしているときのエネルギー代謝を基礎代謝と呼びます。

基礎代謝は、人間が生きていくのに最低限必要な機能を維持するためのエネルギーです。

肉体的・精神的に安静であるときにも、わずかに活動している呼吸器、心臓(10%)、肝臓(27%)、腎臓(7%)、筋肉(18%)、脳(19%)、神経その他最小のエネルギー代謝を合計したものが基礎代謝です。

人が生命を維持・機能していくために1日に消費するエネルギー量(100%)は、基礎代謝(60~70%)のほかに、運動で消費するエネルギー(20~30%)、食事で使われるエネルギー(10%)の3つに分けられます。
基礎代謝の一般的な数値は、成人男性で1日1200~1600kcal程度、成人女性で1000kcal~1300kcal程度です。

女性は男性より基礎代謝が低い傾向にありますが、女性は妊娠・出産という大切な役目があるため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えており、筋肉量が少ないことがその理由です。

基礎代謝量は年齢と性別によって大きく異なります。男女とも基礎代謝は10代をピークに、年齢とともに少しずつ減り、40代を過ぎると急激に低下します。
20歳前の成長期で男性約1500kcal/日、女性約1200kcal/日のピークを迎えた後、徐々に減っていきます。
40歳前後で男性約1450、女性約1150と低下し、50歳前後では男性約1400、女性約1100にまで下がっていきます。
その結果、年をとっても若い頃と同じような食生活を送っていると太ることになり、中年以降は太りやすい体に変わっていくのです。

若い頃はいくら食べても太らなかったのに・・・・年をとってから急に太るようになった・・・という場合は、だいたいこのようなケースが多いのです。
基礎代謝の変化と肥満

病気の予防とジェノマーカー

このようにヒトの体は、年齢を重ねる毎に変化していきます。
しかし、ヒトは、いつまでも美しく、生き生きとした若々しいボディラインを保ちたいと思うものです。
特に、女性は、いつまでも若い頃のようなスタイルでいたいと思うでしょう。

しかしながら、上記のように加齢と共に、太りやすくなる傾向にあります。

そうならないように、出来るだけ早い段階から生活習慣の改善をしたいものです。
ジェノマーカー検査で、肥満やメタボリックシンドローム、脂質代謝異常になりやすい体質であるか否かを知っておくことで、早めに食事のコントロールや積極的な運動を日常生活に取り入れることができます。

一度、肥満体型になった体を元に戻し、ダイエットに励むよりも、できるだけ肥満体型にならないように努力することの方が、はるかに簡単なのです。

できるだけ長く、美しさを保ちたい!と考えている方にも、ジェノマーカーは有効です。


ページトップ