遺伝子検査ジェノマーカーで生活習慣病を予防
 
遺伝子検査ジェノマーカー
G&Gサイエンス株式会社
生活習慣病予防医学の最先端 ジェノマーカーとは? ジェノマーカー 4つの「?」 遺伝子検査 の方法 ジェノマーカー 検査項目 ジェノマーカー 取扱医療機関一覧 個人情報の取扱い 検査項目
母から子に受け継がれる、 遺伝子からの、やさしいメッセージ。 それが家族の笑顔を創る。 「生活習慣病」を未然に防ぐ。 自分の体質を知ることが一番の近道です。
メタボリック が気になる方へ 美しさを 保ちたい方へ 働き盛りの あなたへ
肥満
メタボリックシンドローム
糖尿病
高血圧
慢性腎臓病
心筋梗塞
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
ミトコンドリアハプログループ
その他の検査

年代別遺伝子検査のすすめ【働き盛りの あなたへ】

社会的役割と生活習慣の関係

人間のライフサイクルの中でも、最も社会的役割が大きく、様々な環境因子に影響されるのが成人期です。

20歳に成人を迎え、60歳半ばで現役を引退するまでの間、社会環境が大きく変化します。

20代前半で社会的に自立すると、それまでには体験したことの無い、社会の荒波に飲み込まれていきます。
これまでは扶養されていた生活環境から、自立を余儀なくされ、人間関係でつまずきやすいのもこの時期です。
精神面での自立を急速に迫られるため、ストレスを強く感じる世代とも言えるでしょう。
そして、30~40歳代になると、家庭を持ち、家族を扶養し、子どもを自立させる、という大きな役割を担う世代に入ります。
この時期は、会社などでも重要なポストにつくため、家庭と会社の両方から大きなストレスをうける世代です。
飲酒、喫煙、不規則な生活リズム、睡眠不足、過労など、肉体的にもストレスをうけやすい世代となります。喫煙や、過度の飲酒は体に悪い・・と分かっていながらも、様々なストレスから、やめられずにいる人も多いのではないでしょうか?

しかし、このような乱れた食習慣や飲酒・喫煙などの嗜好品、睡眠不足は、じわじわと体の内部をむしばんでいきます。
若い頃は、特に注意しなくても、病気一つしなかった人も、加齢とともに体力や抵抗力が低下し、少しずつ体の不調を感じるようになるのです。

注意しなければいけないのは、現役を引退する60歳を過ぎた頃に、重篤な疾患として現れることが多く、気が付いたときには、かなり進行していた・・ということにもなりかねないのです。

下の図を見ると、高血圧と高血糖の人の割合は、 男女とも高年齢の人ほど高くなっていますが、男性で脂質代謝異常の人の割合は、40歳代の59.6%をはじめ、30歳代、50歳代でも過半数を占めており、肥満の割合も30歳代~40歳代で約3割と高い事が分かります。
特に 男性の場合、生活習慣病の兆候があらわれるのは、 必ずしも高年齢層ばかりではなく、むしろ働き盛りの年代も非常にリスクが高いことが分かります。
社会的役割と生活習慣の関係
資料:厚生省「平成11年 国民栄養調査」
(1999年11月実施、20歳以上の調査対象者数は10120人)

病気の予防とジェノマーカー

働き盛りの年代は、社会的役割が大きく、ストレスなどの負担が大きいため、いつも健康でたくましい体を保つ為にも生活習慣に気を配る必要があります。
心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な疾患を予防するためにも、できるだけ早い段階で生活習慣を見直さなければなりません。
飲酒、喫煙、運動不足、食生活の乱れを感じている方は、生活習慣病にかかりやすいかもしれません。

そのためにも、ジェノマーカーにより生活習慣病にかかりやすい体質であるかどうかを確認しておくことが、非常に有効であると言えます。

現在の人間ドックや健康診断では問題なかったとしても、将来生活習慣病にかかりやすい体質であることがわかれば、早いうちから予防することができます。

一日も早く、生活習慣を見直し、生活習慣病のリスクを下げることが、その後の快適ライフを送るための重要なポイントになるのです。

ページトップ