遺伝子検査ジェノマーカーで生活習慣病を予防
 
遺伝子検査ジェノマーカー
G&Gサイエンス株式会社
生活習慣病予防医学の最先端 ジェノマーカーとは? ジェノマーカー 4つの「?」 遺伝子検査 の方法 ジェノマーカー 検査項目 ジェノマーカー 取扱医療機関一覧 個人情報の取扱い 検査項目
母から子に受け継がれる、 遺伝子からの、やさしいメッセージ。 それが家族の笑顔を創る。 ジェノマーカー検査項目
メタボリック が気になる方へ 美しさを 保ちたい方へ 働き盛りの あなたへ
肥満
メタボリックシンドローム
糖尿病
高血圧
慢性腎臓病
心筋梗塞
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
ミトコンドリアハプログループ
その他の検査

高血圧【病気のなりたち】

発症のしくみ

正常な人の血圧は心臓と末梢血管の抵抗により、収縮期140mmHg未満、拡張期90mmHg未満に調節されています。この範囲を超えて、血圧が持続して上昇した状態が高血圧です。

収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上、あるいは両方の場合、高血圧と診断されます。

高血圧は、加齢に加え、塩分のとりすぎや喫煙、精神的ストレス、過労、飲酒、運動不足などの生活習慣によって引き起こされますが、遺伝因子も関与しています。これらの要因により、血圧を決める心拍出量や末梢血管の抵抗が上昇し、血圧が上昇します。

高血圧が発症した場合、血圧コントロールを行わないと、全身の臓器や組織にいろいろな弊害をもたらします。
発症のしくみ

病気の予防とジェノマーカー

高血圧状態が持続すると、それに適応するため心臓の筋肉は肥大していきます。
過剰な負荷となる著しい血圧の上昇が続くと、ついには心臓の機能が破綻し、心不全に陥ります。
一方、高血圧の負荷は動脈にも加わり、血管壁を傷つけ動脈硬化を促進します。
さらに、細小動脈にもその病変が進展し、臓器の機能障害をもたらします。

特に、脳動脈に病変が及ぶと、脳出血や脳梗塞を誘発し、腎臓では腎硬化症による腎不全を生じるなど、重大な合併症を引き起こします。

高血圧は継続的、長期的にコントロールし、安定した血圧を維持することで、臓器の合併症を予防することができます。

そのためにも、高血圧の早期発見と早期治療、合併症の予防が重要であり、高血圧になりやすい体質であるかどうかを早めに認識しておくことが大きな鍵を握ります。

ページトップ