遺伝子検査ジェノマーカーで生活習慣病を予防
 
遺伝子検査ジェノマーカー
G&Gサイエンス株式会社
生活習慣病予防医学の最先端 ジェノマーカーとは? ジェノマーカー 4つの「?」 遺伝子検査 の方法 ジェノマーカー 検査項目 ジェノマーカー 取扱医療機関一覧 個人情報の取扱い 検査項目
母から子に受け継がれる、 遺伝子からの、やさしいメッセージ。 それが家族の笑顔を創る。 ジェノマーカー検査項目
メタボリック が気になる方へ 美しさを 保ちたい方へ 働き盛りの あなたへ
肥満
メタボリックシンドローム
糖尿病
高血圧
慢性腎臓病
心筋梗塞
脳梗塞
脳出血
くも膜下出血
ミトコンドリアハプログループ
その他の検査

脳梗塞【病気のなりたち】

発症のしくみ

脳の血管がつまったり、狭くなって血液が流れにくくなり、脳の血液循環が障害されることにより、脳の組織が崩壊し、壊死に陥った状態が脳梗塞です。
脳梗塞の原因となる血液循環障害には、3つのタイプがあります。

1)脳血栓症
 
動脈硬化などで、脳の血管が狭くなり、そこに血栓ができ血管をふさいでしまった状態。
2)脳塞栓症
 
心房細動などの不整脈が原因で心臓に血栓が生じ、それが流れてきて脳の血管をふさいでしまった状態。
3)その他
 
何らかの原因で、脳に流れる血液の量や血液中の酸素の量が減り、それが原因で脳梗塞が起こった状態。

脳血栓症の発作は睡眠中や起床直後に起こりやすく、発作が起こると体の麻痺や言語障害といった神経症状が、段階的に出現します。
発作を起こす人の多くが、脂質代謝異常、高血圧、糖尿病などの動脈硬化を起こしやすい病気を持っています。
脳塞栓症では、血栓の原因となりやすい心房細動や心筋梗塞などの心臓疾患が多く見られます。 また、脳梗塞を含む「脳血管疾患」は、成人における3番目に多い死亡原因です。


病気の予防とジェノマーカー

脳梗塞を引き起こす要因となる、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、また心臓疾患を持っている場合は、食事療法、運動療法や薬の服用など、医師の指示に従って治療することが必要です。
特に、脂肪や塩分の取りすぎに注意し、腹八分目を心がけ適正なエネルギー量の食事を心がけましょう。
また、肥満を防ぎ、血液の循環を良くするために、バランスのとれた食事をとることが大切です。ウォーキングなどの適度な運動も有効です。さらに、タバコに含まれる有害物質は動脈硬化や血管の収縮を起こすため、禁煙を心がけ、
1日のアルコールの摂取も過剰にならないようにする必要があります。
入浴時の温度は38~40℃のぬるめにして長湯は避け、のどが渇いたら水分補給をする事が大切です。
夏は汗をかいて脱水状態になりやすく、血液が濃くなり血栓ができやすくなるのため、定期的な水分補給が必要です。冬は寒さのため血圧が上昇しやすいので外出時の温度差に注意する必要があります。
遺伝子検査で、脳梗塞になりやすい体質の場合は、早期からこれらの予防を心がけることが重要です。


ページトップ