検査結果の活用

この検査結果は、今後の健康管理の方向性が明確になることが大きなメリットです。
つまり、今後の生活において、ご自身はどの部分に注意を払うべきか?またどのような生活習慣を改善すべきかが分かり、対策が明確になります。
その結果、健康管理へのモチベーションが向上します。
また、医師は、これらの遺伝子検査の結果を元に、それぞれの受診者の遺伝体質に合わせた健康管理指導が展開でき、早期に対処ができるという大きなメリットもあります。
つまり、受診者、医師ともに照準を明確にした生活習慣病の予防が実践できるようになるのです。


リスクが高いと分かったら・・・

判定D〜E

『自分が注意すべき生活習慣病は“●●●”である』ということを認識する事が重要です。
つまり、自分の特徴を明確にするのです。
その後、これらをを予防するための生活習慣を把握し、改善していくことが大事です。
疾患の発症を早期に発見するためにも定期的な医師の診察も考慮しておく必要があるでしょう。

注意すべき生活習慣病の認識
2
生活習慣の見直し
(食生活見直し/禁煙/アルコールをひかえる/適度な運動)
3
生活習慣改善・継続
4
定期的な医師の診断

リスクが低いと分かったら・・・

判定A〜B

リスクが低い場合は、その疾患については、かかりにくい体質を持っていることが分かります。
生活習慣が良いものであるとさらに生活習慣病にかかる確率が低くなりますので、これを機会にさらに生活習慣を見直してみましょう。